HOME > 脂性肌は遺伝するの?

脂性肌は遺伝するの?

私たちが親とよく似ているのは遺伝子が関係しています。親の髪の毛が薄いと自分も薄くなったりしますし、親がアトピーや喘息持ちであると、自分もアレルギー体質であったりします。もちろん100%ではありませんが、私たちは親の外見や体質を受け継いでいる部分がかなり大きいのです。ですから脂性肌も遺伝するのかといえば、その可能性は否定できません。ただそれは脂性肌になりやすい肌質というだけであって、必ずオイリーなお肌になってしまうというわけでもなさそうです。ですから遺伝だから仕方ないと思わず、脂性肌を治す努力をしてみる価値はあるでしょう。ちなみに肌質は脂性肌の他に、普通肌、乾燥肌、混合肌という4つのタイプがあるのをご存じですか。実は脂性肌と乾燥肌は表裏一体であり、自分が脂性肌と思っていても、実は乾燥肌だった、あるいは混合肌だったという勘違いは良くあります。とかく乾燥肌というのは見落とされがちなのですが、ご自身が本当に脂性肌なのか、慎重に見極める必要があるでしょう。さて遺伝的に脂性肌になりやすい人というのはどんな肌質の持ち主か分かりますか。それは遺伝的に皮脂腺が大きいという肌質であり、つまり皮脂が分泌されやすい肌質といえますね。皮脂腺の大きい人は普段から脂性肌にならないために色々と気を付けなければなりません。では何に気を付ければ良いのかといえば、大きいのは食生活です。なんとなく分かると思いますが、脂質を多く摂っている方は皮脂の分泌も盛んな傾向にあります。皮脂腺は体内に溜まった脂質を排泄する器官ですから、脂質を多く摂ればその分皮脂が分泌されやすいのは当然のことです。普段からファーストフードなど脂っこいものが大好きという人は要注意です。甘いお菓子やスイーツが好きな方も皮脂が分泌されやすい可能性が高いでしょう。皮脂は脂性肌の原因になるばかりか、アクネ菌の大好物ですからニキビも出来やすくなるので注意が必要です。では逆にどんな食べ物を食べれば皮脂の分泌を抑えられるでしょうか。それは代謝を向上するビタミン類や食物繊維を多く含む食べ物を食べることです。皮脂腺だけが体の排泄器官ではありませんから、ビタミンや食物繊維を含む食べ物を食べることでデトックス効果が働き、皮脂の過剰分泌を抑えられる可能性は高いでしょう。食生活に気を付ければ、例え遺伝的に脂性肌になりやすくても、予防することは可能だと思います。ちなみにデトックス効果を高めるには玉ねぎもおすすめです。玉ねぎでメタボ解消はこちらをご覧ください。