HOME > 脂性肌の人は抜け毛が多いの?

脂性肌の人は抜け毛が多いの?

脂性肌の人は、同時に薄毛に悩んでいる人が多いのではないでしょうか。特に男性に多いのですが、脂性肌の人は頭皮からの皮脂分泌も多く、毛穴を塞いで正常な発毛を阻害してしまうことがあります。これは脂漏性脱毛と呼ばれるもので、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌が多い人に見られる症状です。別名AGAとも言いますが、特に頭頂部や生え際の抜け毛が多い、という人はこのテストステロンの分泌が薄毛の原因であるかもしれません。このテストステロンは皮脂の過剰分泌を引き起こし、脂性肌や薄毛の原因になったりします。ですからテストステロンの分泌を抑制するようなサプリメントや育毛剤、育毛シャンプーが数多く登場しているわけです。なお男性ホルモンといっても、皮脂の過剰分泌による抜け毛の問題は何も男性だけの問題ではありません。女性であってもテストステロンが分泌されることはありますし、事実近年の女性は脂性肌や薄毛に悩む人が増えてきています。これは遺伝というよりも生活習慣の乱れやストレスに起因するホルモンバランスの乱れが原因として考えられるでしょう。なお自分はフケが多いから頭皮が乾燥していると考えているかもしれませんが、脂性肌の人もフケが大量に発生することがあります。実はフケにも乾性のフケと脂性のフケがあるのです。普通フケは小さくて、1ミリ程度しかありませんが、それは乾性フケの特徴といえます。つまりもし大きいフケやべとべとしたフケが落ちてきたら、それは脂性フケである可能性が高いです。脂性フケがでている人は頭皮に皮脂がたくさん出ている可能性がありますので、放っておくと頭皮環境がどんどん悪化し、抜け毛や薄毛を引き起こすかもしれません。いずれにせよ、異常な皮脂分泌を抑えることが脂性肌や抜け毛を防ぐ上で大切になります。こちらに抜け毛や薄毛予防のシャンプーが紹介されていますので、よろしければご覧ください。