HOME > 脂性肌は乳液を使ってはいけない?

脂性肌は乳液を使ってはいけない?

脂性肌の人も乳液を使った方が良い、なぜなら保湿しないといけないからと聞いたことがありませんか。
乾燥肌や普通肌の人はなんとなく乳液を使った方が良い気がします。

しかしながら既に顔がオイリーなのに乳液を塗りたくって良いのでしょうか。
結論を言えば、あなたが本当の脂性肌であれば、乳液を使う必要はないと考えます。

本当の脂性肌とは何かといえば、遺伝や生活習慣などで皮脂の分泌が多い人のことをいいます。
本当の脂性肌でない人はといえば、乾燥が原因で皮脂の過剰分泌を招いている人のことをいいます。

何度も言いますが、本当の脂性肌であれば乳液は要らないし、化粧水もさっぱり系で十分です。
脂性肌なのに乳液を使っていれば、顔が余計にテカったり、ニキビが増えたり悪化したりするでしょう。

逆に乾燥が原因で皮脂が過剰分泌してしまっている人は、化粧水はしっとり、乳液も使った方が良いです。
なぜなら顔がオイリーなのは肌が乾燥してしまっているからです。

化粧水や乳液を使わないと肌が余計に乾燥し、テカりを助長してしまいます。
乳液は皮脂の代わりをしてくれる存在ですから、皮脂が足りないと判断してたくさん分泌されてしまうわけです。

実はこの偽の脂性肌、つまりインナードライの人は意外に多いのです。
脂性肌だと思っている人の半分は乾燥が原因だったりするので、対処法を間違えるととんでもないことになります。

洗顔後は化粧水と乳液を付け、水分の蒸発を防ぐだけでなく、皮脂が足りないと誤認識させないようにしましょう。
ただTゾーンや鼻の頭は元々皮脂腺が多く、皮脂の分泌が盛んな人が多いです。

ですから皮脂の分泌が少なくて乾燥しやすい、頬やあご周りに乳液を付ければ十分です。
くれぐれも顔中に乳液を塗りたくらないように注意しましょう。